ご挨拶

 株式会社アート・ステージライティング・グループは半世紀に亘り舞台の照明業務を担って来たデザイナー・オペレータの照明会社であり、その沿革は昭和33年代日本大学の演劇科学生の舞台美術・照明に関心を持つ同好の有志だったとあります。戦後の焼け跡から、文化の華が開き始めた時代です。新しい劇場が造立されその一翼を担ったのが、劇団四季の創立メンバーである吉井澄雄師・沢田祐二師でありました。同好の有志も当社を興し、日生劇場の発展と共に人材および組織を繁栄させて参りました。

 半世紀が過ぎ、両師の元から次世代の照明デザイナーが有名多数羽ばたいて行きました。A・S・Gは時代の照明先端技術を追いかける技術的な会社ではなく、演劇より発展したオペラ・バレエ・オペレッタ・ミュージカル・ダンス・コンサートと多くのパフォ―ミングアーツの本質を理解した上で三次元的空間を芸術的な切り口で創造出来るクリエイターとしての人材の養成に取り組んでいます。

 若い照明デザイナーは多く育っては来ましたが、もう一つ枠・殻を打ち崩せずいるようです。

 このホームページをご覧になり若いデザイナーを使って戴けるような奇特な方をお待ちしていることをお知らせする事も遅ればせながらホームページを立ち上げる理由の一つでした。これまでホームページを持たない弊社の有様について若者は不安を抱いていたようです。

 この世界にアクセスし、何かを探している学生・若者の意見に耳を傾けるようにとホームページを立ち上げました。

株式会社 アート・ステージライティング・グループ
取締役会長 奥畑 康夫

 

LINEで送る